モンバエルツ元監督が古巣のCFG入りに関与か。パートナーシップを通じてクラブが得るものとは…

 

トゥールーズFC(フランス)のCFG入りが先日から囁かれていますが、このプロジェクトにはトゥールーズの元監督であり、マリノスでも指揮を執ったエリク・モンバエルツ氏が関わっているようです。『LesViolets.Com』が伝えています。

ウーゴ・ヴィエイラのキプロス移籍が落ち着きを見せる中、マリノスが新たな動きか。

 

APOEL(キプロス)によるウーゴ・ヴィエイラとの移籍交渉が長らく取り沙汰されてきましたが、ここに来て沈静化の様相を呈しています。それと同時に、ヴィエイラのマリノスとの契約について新たな情報が『Srbija Danas』によって伝えられています。

デゲネク、レッドスターとの過去を明かす。将来の展望については…

 

ミロシュ・デゲネクが『Kurir』のロングインタビューに応じ、自身の出で立ちから将来の展望に至るまで、実にさまざまなトピックについて語っています。ここではマリノスに関わる部分を中心に一部抜粋してお送りします。

トリコロールは“グアルディオリズム”の体現者?マリノスが演じたパスワークが世界で話題に。

 

21日に行われた湘南ベルマーレ戦は前半終了までに両チーム合わせて7ゴールが生まれる乱打戦となりましたが、マリノスの1点目が決まるまでのパスワークが世界で話題になっているようです。『FourFourTwo』はじめ、複数メディアが取り上げています。

ヴィエイラ、ポルトガル代表への想いを語る。「僕のキャリアに必要なのは代表チームに入ること」。

先月18日の浦和レッズ戦に引き続き、31日に行われた清水エスパルス戦でも決勝ゴールを挙げるなど、マリノスのエースストライカーとして地位を確立しつつあるFWウーゴ・ヴィエイラ。『Record』のインタビューに応じ、自身とチームの現状、そしてポルトガル代表への想いを語っています。

Scroll to top