チアゴのマリノス移籍にFIFAが反応。パルメイラスに罰金支払いを言い渡し。

2019シーズン終了後にパルメイラス(ブラジル)からマリノスへと完全移籍したチアゴ・マルチンスの契約について、国際サッカー連盟(FIFA)がパルメイラスに罰金を科した模様。『Globo』が伝えています。

チアゴは2018年夏にパルメイラスからマリノスへとローン移籍しましたが、その際に付帯した買取オプションについての取り決めがFIFAからのペナルティ対象となったようです。

“アンジェ流”アタッキングフットボールのカギ、そして目標とは?ポステコグルー監督自らが語る。

スポーツアナライズ分野の企業であるHudlが22日にウェブセミナーを開き、アンジェ・ポステコグルー監督が講師として迎えられました。

オーストラリアなどで数々の経験を積んできたポステコグルー監督は、このウェブセミナーでマリノスでの指揮について語ったとのこと。『Sydney Morning Herald』が伝えてます。

「勝つために横浜に行く」。シドニーFCの監督・選手がマリノスとの対戦を語る。

韓国・全州で行われた全北現代モータースとのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)初戦を白星で飾り、19日にホームでシドニーFC(オーストラリア)を迎え撃つマリノス。オーストラリア国内では同国屈指の監督として知られるアンジェ・ポステコグルー監督率いるトリコロールとの対戦を控え、スティーブ・コリカ監督はじめ選手たちも試合についてコメントしているので、まとめてお送りします。

全北現代のモライス監督がマリノスについて言及。主将も新加入組に期待。

マリノスとの対戦を12日に控えた全北現代モータース(韓国)のジョゼ・モライス監督とチームキャプテンを務めるイ・ドングクが前日会見に臨み、マリノスに対する印象と自チームの状態についてコメントしました。『조선일보』が伝えています。

マリノスがチアゴ・マルチンスの買取オプションを行使、完全移籍で獲得へ。

パルメイラス(ブラジル)からローン移籍でマリノスに加入しているチアゴ・マルチンスですが、パルメイラスが公表している「ローン移籍中の選手リスト」からその名前がなくなりました。これについて『90min』が、マリノスがチアゴを完全移籍で獲得したと伝えています。

診断次第では今後の進退にも影響か…入院していたユ・サンチョル氏が現場復帰。

かつてマリノスに在籍し、現在は仁川ユナイテッド(韓国)で指揮を執っているユ・サンチョル氏が、19日に行われた城南FC戦の後に入院しました。

当時韓国国内では情報が錯綜し、仁川のクラブCEOが公式ウェブサイトを通して声明を発表する事態にまで発展しましたが、27日の水原三星ブルーウィングス戦でユ氏はベンチ入りを果たしました。ここでは『조선일보』などの報道に基づいて、経緯と現況をお伝えします。

マリノスの“新・5番”ティーラトンに期待される役割とプレー。ローン移籍期間終了後は…?

16日にマリノス加入が内定したティーラトン・ブンマタンが、26日にタイで記者会見を行いました。マリノスから黒沢良二社長と小倉勉SDも出席したこの会見については既に膨大な数のタイメディアが伝えていますが、『Goal』タイ版を中心に、ティーラトンの背番号についての話題などをご紹介します。

Scroll to top