マリノス、セルビア人DFを補強か。仏クラブとの交渉が報じられる。

マリノスがRCランス(フランス)所属のDFドゥシャン・ツェティノヴィッチと交渉している可能性が浮上。『Foot Mercato』の情報を基として、『Ma Ligue 2』など複数メディアが伝えています。

『Ma Ligue 2』はツェティノヴィッチは2019年6月でランスとの契約が満了となることや、昨冬にもアメリカのクラブからオファーが届いており、契約間近まで迫ったという過去に言及しています。

『Lensois.com』はツェティノヴィッチの近況に触れ、練習試合のル・トゥケ(フランス)戦で45分、ブローニュ=シュル=メール(フランス)戦で60分プレーしていることを伝えています。

Transfermarkt』のプロフィールによると、ツェティノヴィッチは29歳のセルビア人で、主なポジションはCB。過去にはグラスホッパーズ(スイス)などにも所属し、昨季はシーズン前半でランスのゲームキャプテンを務めていました。

以下は2017-18シーズンのプレー動画。

https://maligue2.fr/2018/07/10/dusan-cvetinovic-en-negociations-avec-un-club-japonais/