不調にあえぐメルボルン・ビクトリー、パパスヘッドコーチを新監督候補にリストアップか。

アンジェ・ポステコグルー監督がかつて指揮したメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)が、マリノスのアーサー・パパスヘッドコーチを新監督候補のひとりに挙げている模様。『The Australian』が伝えています。

2019-20シーズンを戦うメルボルン・ビクトリーは7日までにリーグ戦24試合を終えて5章5分14敗と大きく負け越しており、順位も下から2番目の10位に沈んでいます。

“悪魔の左足”に8針の傷…ティーラトンが札幌戦での状態についてコメント。

26日の北海道コンサドーレ札幌戦に先発出場するも、ハーフタイムで小池龍太と交代してベンチに退いたティーラトン・ブンマタンがFacebookを更新し、自身の利き足である左足を負傷していたにも関わらず札幌戦でプレーしていたことを明かしました。『SMMSPORT』が伝えています。

不安と恐怖を乗り越え…“不屈の男”ユ・サンチョル氏、膵臓がん治療の終了を報告。

昨年10月に体調不良で入院し、その後ステージ4の膵臓がんを患っていることが明らかになった元マリノスのユ・サンチョル氏。27日に『SBS』のインタビューに応じ、注射によるがん治療を終えたことを明らかにしました。

「大切なもの、情熱を注ぐものに再び火が点く」。ポステコグルー監督がサッカーを通じた喜びとACLでの挑戦を語る。

アンジェ・ポステコグルー監督がアジアサッカー連盟(AFC)公式サイトのインタビューに応じ、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に伴うシーズンの中断と再開への兆しについて、そして未だ再開の目処が経っていないAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に向けて、自身の想いを語っています。

「勝つために横浜に行く」。シドニーFCの監督・選手がマリノスとの対戦を語る。

韓国・全州で行われた全北現代モータースとのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)初戦を白星で飾り、19日にホームでシドニーFC(オーストラリア)を迎え撃つマリノス。オーストラリア国内では同国屈指の監督として知られるアンジェ・ポステコグルー監督率いるトリコロールとの対戦を控え、スティーブ・コリカ監督はじめ選手たちも試合についてコメントしているので、まとめてお送りします。

全北現代のモライス監督がマリノスについて言及。主将も新加入組に期待。

マリノスとの対戦を12日に控えた全北現代モータース(韓国)のジョゼ・モライス監督とチームキャプテンを務めるイ・ドングクが前日会見に臨み、マリノスに対する印象と自チームの状態についてコメントしました。『조선일보』が伝えています。

オーストラリアから来た新コーチ、オントン氏とコバチェビッチ氏の経歴を概説。マリノスとのつながりも。

11日に行われた2020シーズン新体制発表会で、マリノスのスタッフとしてショーン・オントン新コーチとダミアン・コバチェビッチ新フィジカルコーチの加入が発表されました。それぞれピーター・クラモフスキー前コーチとグレッグ・キング前フィジカルコーチの後任となります。

ここでは、オントン氏とコバチェビッチ氏の経歴や、彼らとマリノスのつながりについてご紹介いたします。まずはコバチェビッチ氏から。

ポステコグルー監督の“新たな右腕”か。アナスタシアディス氏がマリノス加入の可能性。

ピーター・クラモフスキー氏の清水エスパルス新監督就任に伴うコーチングスタッフの人員補充候補として、ウェスタン・ユナイテッド(オーストラリア)でアシスタントコーチを務めるジョン・アナスタシアディス氏の名前が挙がっている模様。『The Sydney Morning Herald』が伝えています。

Scroll to top