不安と恐怖を乗り越え…“不屈の男”ユ・サンチョル氏、膵臓がん治療の終了を報告。

昨年10月に体調不良で入院し、その後ステージ4の膵臓がんを患っていることが明らかになった元マリノスのユ・サンチョル氏。27日に『SBS』のインタビューに応じ、注射によるがん治療を終えたことを明らかにしました。

「大切なもの、情熱を注ぐものに再び火が点く」。ポステコグルー監督がサッカーを通じた喜びとACLでの挑戦を語る。

アンジェ・ポステコグルー監督がアジアサッカー連盟(AFC)公式サイトのインタビューに応じ、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に伴うシーズンの中断と再開への兆しについて、そして未だ再開の目処が経っていないAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に向けて、自身の想いを語っています。

現状はブラジルで足止め状態…チアゴ・マルチンスが負傷の経過と今季への意気込みを語る。

3月にチームを負傷離脱し、母国ブラジルで治療を行っていたチアゴ・マルチンスが『Globo』のインタビューに応じ、治療の経過と現状、そして7月から再開されるJ1リーグに向けた意気込みを話しています。

チアゴが治療に努めてきたのは右第5中足骨という部位の骨折で、ネイマール(パリ・サンジェルマン)が2度経験しているものと似ていると紹介されています。治療にあたってはサンパウロからムザンビーニョという街まで移動したそう。ちなみにこのムザンビーニョというのはミナスジェイラス州に属し、サンパウロ州との境界に接した街で、その経緯についてはこのように語っています。

スピードスター・仲川輝人が参考にする選手とは?今後の目標について『FIFA.com』に語る。

仲川輝人が国際サッカー連盟(FIFA)公式ウェブサイトのインタビューに応じ、これまでのキャリアについて語っています。

2019シーズンのJリーグMVPに輝いた161cmの小柄な快足アタッカーがどのようにして実力を付けてきたのか、まずは仲川が自身の参考にしている選手たちの名前を挙げるところからインタビューが始まります。

コロナ禍の中で見つけた幸せ。エジガル・ジュニオが日本で叶えた“長年の夢”について語る。

エジガル・ジュニオが『Jornal Correio』のインタビューに応じ、トレーニングや私生活など、彼の周囲を取り巻く環境の現在の様子について言及しました。

エジガルはまず、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の日本における状況について述べています。

エリキが語る“マリノスにフィットできた理由”。ローン移籍期間終了後については…?

パルメイラス(ブラジル)からローン移籍でマリノスに加入しているエリキが『SAGRES』のインタビューに応じ、彼から見たマリノスというチームについて語っています。また、記事ではエリキの契約形態についても触れられています。

「勝つことが全てではない」。トータルフットボールとポステコグルー監督のサッカー哲学の関係性に迫る。

19日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のシドニーFC戦で4-0の大勝を収めたマリノス。試合後にアンジェ・ポステコグルー監督が会見に応じ、自身のサッカー哲学の一端を語りました。『Nasdaq』が伝えています。

「私は挑戦が大好きだ」。ポステコグルー監督が今後の展望を語る。

マリノスにとっては15年ぶりの、そしてオーストラリア人として初めてのJリーグ優勝を間近に控えたアンジェ・ポステコグルー監督が、自身の今後について言及しました。『FOX Sports』オーストラリア版のインタビューに応じています。

「来年は間違いなく(横浜に)いる。まだやりたいことが残っているからだ。まだまだ良くなると思っている」

「非常に充実している」。ポステコグルー監督が異国の地・日本で積み重ねた自信と喜び。

11日にマリノスとの契約を更新したアンジェ・ポステコグルー監督ですが、日本での監督業に対しては大きな充実感を得ている様子。オーストラリアのラジオ局である『Sports Entertainment Network』に語ったインタビューの内容を、『Brisbane Times』が紹介しています。

Scroll to top