マンチェスター・シティはマリノスの“基準”なのか。CFGの世界展開を考える。

先月21日の湘南ベルマーレ戦でマリノスが見せた華麗なパスワークからのゴールがTwitterを中心に世界中で話題となり、マンチェスター・シティ(イングランド、以降シティ)やペップ・グアルディオラとの比較・対照がしばしば行われていますが、CFGとしてはそれぞれのチームの戦術に介入することはしていないようです。

More“マンチェスター・シティはマリノスの“基準”なのか。CFGの世界展開を考える。”

ブラジルの名門サントスの愛称が“ペイシェ(魚)”なのはなぜ?

日本時間10日未明、急転直下移籍ドタバタ劇を繰り広げるカイケが魚の絵文字だけをツイートし、多くのマリノスサポーターにまたひとつ疑問を投げかけました。

今となっては容易に察しがつきますが、この“魚”はサントスを表していると考えられます。というのも、サントス(ブラジル)の愛称が“Peixe”(ペイシェ、ポルトガル語で「魚」の意)だからです。

しかし、サントスのエンブレムに魚らしきものは描かれていません。ではなぜ「魚」なのでしょうか?せっかくなので、少しだけ紐解いてみることにしましょう。

More“ブラジルの名門サントスの愛称が“ペイシェ(魚)”なのはなぜ?”