ウーゴ・ヴィエイラのキプロス移籍が落ち着きを見せる中、マリノスが新たな動きか。

 

APOEL(キプロス)によるウーゴ・ヴィエイラとの移籍交渉が長らく取り沙汰されてきましたが、ここに来て沈静化の様相を呈しています。それと同時に、ヴィエイラのマリノスとの契約について新たな情報が『Srbija Danas』によって伝えられています。

「時間を与えるべきだが、問題はファンだ」。オーストラリア人ジャーナリストがマリノスの現状に言及。

 

2018シーズン開幕からリーグ戦3試合を終え、未だ勝利に恵まれないアンジェ・ポステコグルー監督率いるマリノスですが、オーストラリア人ジャーナリストのスコット・マッキンタイア氏はポステコグルー監督に時間を与えるべきだと主張しているようです。『Daily Football Show』が伝えています。

Scroll to top