カイケ、バイーアからの移籍に向け再始動か。リオの2クラブからの関心を明かす。

 

バイーア(ブラジル)にローン移籍中のFWカイケが『Globo』の独占インタビューに応じ、かつて交渉が進んでいたとされるヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)、そしてフルミネンセ(ブラジル)から調査を受けていることを明かしました。

カイケ、無念のメンバー外へ…監督は「すべてはタイミングだ」と長期的措置も示唆。

 

マリノスからローン移籍中のFWカイケについて、現所属先であるバイーア(ブラジル)のグート・フェレイラ監督は現地時間23日に行われるブルーミング戦(コパ・スダメリカーナ1次ラウンド 2ndレグ)ではメンバー外とする意向を示しました。『Correio』が伝えています。

決着は金曜日?カイケがインタビューで近況を語る。

 

ともにFWを探しているボタフォゴフルミネンセが獲得に向けて興味を示しているといわれるカイケが、『globo.com』のインタビューに応じています。

「僕らはマリノスとこれからについて話し合った。ブラジルに留まりたいというのが今の僕の希望だけど、僕1人だけの問題でないのは明らかだ。僕に興味を示しているクラブがあって、近々結果が出ると思う。金曜(12日)には結論が出せるようになっていればと願っているよ」

Scroll to top