ワールドカップに向け自信満々のデゲネク、「僕らは正しい方向に進んでいる」。

 

6月に開幕するロシアワールドカップに向けた予備登録メンバー入りを果たしたオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが、『The World Game』のインタビューに応えました。マリノス、そしてサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)での自身について話しています。

デゲネク、レッドスターとの過去を明かす。将来の展望については…

 

ミロシュ・デゲネクが『Kurir』のロングインタビューに応じ、自身の出で立ちから将来の展望に至るまで、実にさまざまなトピックについて語っています。ここではマリノスに関わる部分を中心に一部抜粋してお送りします。

「僕らはプロセスを信じる必要がある」。デゲネクが語るポステコグルー監督指揮下の現在。

 

先月28日の鹿島アントラーズ戦で3-0の勝利を収め、アンジェ・ポステコグルー監督の指揮の下でいよいよ結果が出始めているマリノス。ミロシュ・デゲネクによれば、ポステコグルー監督はここまでの展開を想定内だと捉えているようです。『FourFourTwo』オーストラリア版が伝えています。

ヴィエイラ、ポルトガル代表への想いを語る。「僕のキャリアに必要なのは代表チームに入ること」。

先月18日の浦和レッズ戦に引き続き、31日に行われた清水エスパルス戦でも決勝ゴールを挙げるなど、マリノスのエースストライカーとして地位を確立しつつあるFWウーゴ・ヴィエイラ。『Record』のインタビューに応じ、自身とチームの現状、そしてポルトガル代表への想いを語っています。

“不屈のライオン”、トリコロールへ。カメルーン代表MFオリヴィエ・ブマルとは何者か?

 

4日に日産グローバル本社で行われたアンジェ・ポステコグルー監督と古川宏一郎社長による『横浜沸騰イベント』トークショーの最後に、カメルーン代表招集歴があるMFオリヴィエ・ブマルの移籍加入が電撃発表されました。以下ではブマルについての情報をまとめていきます。

幼少時代の夢、経験、愛国心…デゲネクが語る“オーストラリアへの想い”とは。

 

6月にロシアで開催されるワールドカップを控え、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが『The Roar』のインタビューに応じました。デゲネクは幼少時代の夢、サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)として過ごしたワールドカップ予選、そして日本での現状についても語っています。

Scroll to top