「勝つために横浜に行く」。シドニーFCの監督・選手がマリノスとの対戦を語る。

韓国・全州で行われた全北現代モータースとのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)初戦を白星で飾り、19日にホームでシドニーFC(オーストラリア)を迎え撃つマリノス。オーストラリア国内では同国屈指の監督として知られるアンジェ・ポステコグルー監督率いるトリコロールとの対戦を控え、スティーブ・コリカ監督はじめ選手たちも試合についてコメントしているので、まとめてお送りします。

ティーラトンがマリノスへ完全移籍間近。加入時の経緯についての言及も。

タイ人として初めてJリーグ優勝を達成したティーラトン・ブンマタンについて、マリノスが完全移籍に向けて動いていると先日報道がありましたが、ティーラトンの所属元であるムアントン・ユナイテッドが放出を決断した模様。『ข่าวสด』が伝えています。

マリノスの“新・5番”ティーラトンに期待される役割とプレー。ローン移籍期間終了後は…?

16日にマリノス加入が内定したティーラトン・ブンマタンが、26日にタイで記者会見を行いました。マリノスから黒沢良二社長と小倉勉SDも出席したこの会見については既に膨大な数のタイメディアが伝えていますが、『Goal』タイ版を中心に、ティーラトンの背番号についての話題などをご紹介します。

タイ代表の主力DFがマリノス加入へ。プレーデータ、契約期間などの情報をおさらい。

マリノスが16日にタイ代表DFティーラトン・ブンマタンのローン移籍での加入内定を発表しました。2018シーズンはヴィッセル神戸に在籍していたため既にご存知の方も多いかと思われますが、ここで改めてティーラトンについて簡単にまとめようと思います。

全てを意味する3語の言葉――アンジェ・ポステコグルー

 

「カート・イ・バーラ」――砕いて訳せば、“低いボールを出せ”となるだろう。

人々が私の哲学や影響を受けた人物について尋ねてくると、私は「特定の存在はない」と答えるので概して彼らは落ち込んでしまう。バルセロナやリヴァプールではなく、ペップ・グアルディオラやヨハン・クライフでもない。ましてや、私を指導した監督・コーチや共にプレーした選手たちですらない。

答えはあの、たった3語の言葉にまとまっている。父が決まって口にしていた言葉だ。今や彼は亡くなり、私にとっては、これからどのようにしていけばいいのか理解に苦しむ葛藤がある。

Scroll to top