カイケ、サントスで初ゴールも…“疑惑の決勝弾”と話題に。

マリノスからサントス(ブラジル)に期限付き移籍し、今季の抱負を語っていたカイケ。現地時間12日に行われたカンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)第2節のレッドブル・ブラジル戦で途中出場を果たし、後半ロスタイムに決勝点を挙げました。

しかし、「このゴールはハンドではないか?」と話題になっている様子。

 

確かに微妙なゴールですが、カイケ本人は「あれは肩(で決めたゴール)だよ」と反論。

なお時系列は前後しますが、上記のツイートの前には「サントスのことを心配している人がたくさんいるんだろう?でもまだ状況は変わっていない、可能性は残されてるよ」とツイート。前節に引き続いて2連勝を飾ったサントスは州選手権グループDで首位となっています。

(La foto principal de http://globoesporte.globo.com/sp/santos-e-regiao/futebol/campeonato-paulista/noticia/2017/02/com-gol-irregular-e-muito-polemico-santos-bate-o-rb-brasil-no-pacaembu.html