マリノス、ポステコグルー監督と契約延長の姿勢。ギリシャ代表監督就任の可能性は…

 

ギリシャサッカー連盟が代表監督就任に関して接触してきたといわれているアンジェ・ポステコグルー監督ですが、本人は現状に満足しており、マリノス側も契約を前向きに見直そうとしている模様。『The World Game』が伝えています。

モンバエルツ元監督が語るフランスでの現在、そして横浜で過ごした日々とCFGのメソッド。

 

2015年から2018年1月までマリノスで指揮を執ったエリク・モンバエルツ氏が、CFGとトゥールーズFC(フランス)の間で噂されているパートナーシップ、そしてCFGと自身の関係について『La Dépêche du Midi』によるインタビューの中で語っています。

モンバエルツ元監督が古巣のCFG入りに関与か。パートナーシップを通じてクラブが得るものとは…

 

トゥールーズFC(フランス)のCFG入りが先日から囁かれていますが、このプロジェクトにはトゥールーズの元監督であり、マリノスでも指揮を執ったエリク・モンバエルツ氏が関わっているようです。『LesViolets.Com』が伝えています。

デゲネク、レッドスターとの過去を明かす。将来の展望については…

 

ミロシュ・デゲネクが『Kurir』のロングインタビューに応じ、自身の出で立ちから将来の展望に至るまで、実にさまざまなトピックについて語っています。ここではマリノスに関わる部分を中心に一部抜粋してお送りします。

マンチェスター・シティはマリノスの“基準”なのか。CFGの世界展開を考える。

 

先月21日の湘南ベルマーレ戦でマリノスが見せた華麗なパスワークからのゴールがTwitterを中心に世界中で話題となり、マンチェスター・シティ(イングランド、以降シティ)やペップ・グアルディオラとの比較・対照がしばしば行われていますが、CFGとしてはそれぞれのチームの戦術に介入することはしていないようです。

「時間を与えるべきだが、問題はファンだ」。オーストラリア人ジャーナリストがマリノスの現状に言及。

 

2018シーズン開幕からリーグ戦3試合を終え、未だ勝利に恵まれないアンジェ・ポステコグルー監督率いるマリノスですが、オーストラリア人ジャーナリストのスコット・マッキンタイア氏はポステコグルー監督に時間を与えるべきだと主張しているようです。『Daily Football Show』が伝えています。

ポステコグルー監督が語る哲学、そして野望。マリノスが進む“未来への航路”のヒントを見る。

 

残り1枠の外国人選手獲得について語ったアンジェ・ポステコグルー監督ですが、同じインタビューで“チーム作りの哲学”についても語っていました。

このインタビューは多くのメディアで取り上げられていますが、今回は『FourFourTwo』オーストラリア版から抜粋してお送りいたします。

Scroll to top