「大切なもの、情熱を注ぐものに再び火が点く」。ポステコグルー監督がサッカーを通じた喜びとACLでの挑戦を語る。

アンジェ・ポステコグルー監督がアジアサッカー連盟(AFC)公式サイトのインタビューに応じ、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大に伴うシーズンの中断と再開への兆しについて、そして未だ再開の目処が経っていないAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に向けて、自身の想いを語っています。

“アンジェ流”アタッキングフットボールのカギ、そして目標とは?ポステコグルー監督自らが語る。

スポーツアナライズ分野の企業であるHudlが22日にウェブセミナーを開き、アンジェ・ポステコグルー監督が講師として迎えられました。

オーストラリアなどで数々の経験を積んできたポステコグルー監督は、このウェブセミナーでマリノスでの指揮について語ったとのこと。『Sydney Morning Herald』が伝えてます。

「勝つことが全てではない」。トータルフットボールとポステコグルー監督のサッカー哲学の関係性に迫る。

19日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のシドニーFC戦で4-0の大勝を収めたマリノス。試合後にアンジェ・ポステコグルー監督が会見に応じ、自身のサッカー哲学の一端を語りました。『Nasdaq』が伝えています。

「私は挑戦が大好きだ」。ポステコグルー監督が今後の展望を語る。

マリノスにとっては15年ぶりの、そしてオーストラリア人として初めてのJリーグ優勝を間近に控えたアンジェ・ポステコグルー監督が、自身の今後について言及しました。『FOX Sports』オーストラリア版のインタビューに応じています。

「来年は間違いなく(横浜に)いる。まだやりたいことが残っているからだ。まだまだ良くなると思っている」

「非常に充実している」。ポステコグルー監督が異国の地・日本で積み重ねた自信と喜び。

11日にマリノスとの契約を更新したアンジェ・ポステコグルー監督ですが、日本での監督業に対しては大きな充実感を得ている様子。オーストラリアのラジオ局である『Sports Entertainment Network』に語ったインタビューの内容を、『Brisbane Times』が紹介しています。

診断次第では今後の進退にも影響か…入院していたユ・サンチョル氏が現場復帰。

かつてマリノスに在籍し、現在は仁川ユナイテッド(韓国)で指揮を執っているユ・サンチョル氏が、19日に行われた城南FC戦の後に入院しました。

当時韓国国内では情報が錯綜し、仁川のクラブCEOが公式ウェブサイトを通して声明を発表する事態にまで発展しましたが、27日の水原三星ブルーウィングス戦でユ氏はベンチ入りを果たしました。ここでは『조선일보』などの報道に基づいて、経緯と現況をお伝えします。

言葉の壁、国民性、そして難しさ…ポステコグルー監督が“日本のサッカー”を語る。

2019シーズンも9試合を残すのみとなり、第25節終了時点でリーグ3位と好調を維持するマリノス。就任2年目となったアンジェ・ポステコグルー監督が『Optus Sport』のロングインタビューに応じたので、今回はその中からマリノスに関わるトピックを中心にご紹介します。

初めに、ポステコグルー監督にとっては外国である日本での指揮にフォーカス。オーストラリアを離れ、自身の哲学を植え付けるのに難しい国での指導に敢えてチャレンジしてみようと考えていたことから始まり、次のように語っています。

“自分たちのサッカー”の重要性とアヤックスの躍進。信念に堅く立つポステコグルー監督の哲学に迫る。

日本での2シーズン目を迎えたアンジェ・ポステコグルー監督がインタビューに応じ、監督としてのチームビルディングやコンセプトについて語っています。『Yahoo! Sports』で配信されている『Omnisport』の記事が伝えています。

ある“アンジェ推し”とポステコグルー監督、そしてマリノスを巡るエピソードがオーストラリアで話題に。

「サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)を去るという彼の決断はかなりショッキングだったよ。いろんな噂が出て信じたくなかったけど、避けることはできなかったんだ。通勤中の車内で携帯電話越しに退任会見を観たのを覚えている。誰にとっても少し感動的なものになったね」

オーストラリアサッカー界で大きな影響力を持っているアンジェ・ポステコグルー監督ですが、彼に魅了されたうちのひとりであるカリル・カヤルさんにまつわるエピソードが話題になっています。『Goal』オーストラリア版が伝えています。

Scroll to top