「素晴らしい日だった。だが…」。ポステコグルー監督がペップ・シティに“真っ向勝負”を挑んだ理由。

アンジェ・ポステコグルー監督が自身の哲学や日本のサッカーについて語った『Optus Sport』のインタビューに関連して、今年7月に行われたマンチェスター・シティとのフレンドリーマッチ、そしてCFGと提携しているメリットについて語るインタビューもリリースされました。

シティとの対戦を経てどのように振り返っているか、そしてどのように対抗しようとしたかなど、このインタビューからもポステコグルー監督の哲学を垣間見ることができるので、ご紹介したいと思います。

言葉の壁、国民性、そして難しさ…ポステコグルー監督が“日本のサッカー”を語る。

2019シーズンも9試合を残すのみとなり、第25節終了時点でリーグ3位と好調を維持するマリノス。就任2年目となったアンジェ・ポステコグルー監督が『Optus Sport』のロングインタビューに応じたので、今回はその中からマリノスに関わるトピックを中心にご紹介します。

初めに、ポステコグルー監督にとっては外国である日本での指揮にフォーカス。オーストラリアを離れ、自身の哲学を植え付けるのに難しい国での指導に敢えてチャレンジしてみようと考えていたことから始まり、次のように語っています。

マリノス移籍後初のアシストを記録したティーラトン、「僕がスパイクを磨かれるんじゃなくて…」

18日のヴィッセル神戸戦で先発フル出場を果たし、マリノス移籍後初となるアシストも記録したティーラトン・ブンマタンが試合後にインタビューに応じ、自らの近況とアシスト後の自身のパフォーマンスについて言及しています。『Goal』タイ版が伝えています。

自身のキャリアを語るチアゴ・マルチンス。今季終了後については…

2018年夏の加入以来、マリノスの最終ラインを支える主軸選手として活躍しているチアゴ・マルチンスがインタビューに応え、日本での日々やこれまでのキャリアの振り返り、そして今後の展望についても言及しています。『ESPN』ブラジル版が伝えています。

“自分たちのサッカー”の重要性とアヤックスの躍進。信念に堅く立つポステコグルー監督の哲学に迫る。

日本での2シーズン目を迎えたアンジェ・ポステコグルー監督がインタビューに応じ、監督としてのチームビルディングやコンセプトについて語っています。『Yahoo! Sports』で配信されている『Omnisport』の記事が伝えています。

Scroll to top