高丘陽平にMLSクラブからオファーか。

マリノスのGK高丘陽平に、バンクーバー・ホワイトキャップス(カナダ)がオファーを出した模様。23日、『ESPN』などが伝えています。

バンクーバーはメジャーリーグサッカー(MLS)に参加しているカナダのクラブで、かつて工藤壮人(元日本代表、柏レイソルなど)やアルフォンソ・デイヴィス(現バイエルン・ミュンヘン)らが所属したクラブとして知られています。

全北へローン移籍の天野純、「裏切り者」発言の蔚山監督に反論。

マリノスからのローン移籍により、今季は全北現代モータース(韓国)でプレーすることが決まった天野純。

昨季ローン移籍で所属していた蔚山現代FC(韓国)のホン・ミョンボ監督に厳しく非難されていることに対して記者会見を開き、天野本人がコメントを残しました。『엠빅뉴스』が伝えています。

「トモキにとっては始まりに過ぎない。彼の最大の魅力は…」マスカット監督、セルティック移籍の岩田智輝について語る。

先月30日にマリノスからセルティック(スコットランド)へのローン移籍が決まった岩田智輝について、ケヴィン・マスカット監督が『KEEPUP』を通じてセルティックファンにコメントしています。

ACL決勝トーナメント進出を決めたポステコグルー監督、進化を証明することの重要性を語る。

1日の全北現代モータース戦でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループHの突破が決まり、マリノス史上初の決勝トーナメント進出を決めたアンジェ・ポステコグルー監督が、その意義深さと、今回ACLが行われている環境について言及。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えています。

「ACLは僕らのナンバーワンの目標」。チアゴ・マルチンスがアジア制覇に向けた意気込みを語る。

7月4日の浦和レッズ戦からおよそ4ヶ月で実に34試合を戦い、超過密日程を走り抜けたマリノス。次なる戦いのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に向け、チアゴ・マルチンスがアジアサッカー連盟(AFC)公式サイトのインタビューに応えています。

バイーアがエジガル・ジュニオの長崎への完全移籍を発表。詳細は伏せるも、決断の要因を明かす。

2019シーズンから2季連続でマリノスへとローン移籍で加わり、29日にV・ファーレン長崎へのローン移籍が発表されたエジガル・ジュニオについて、彼の所属元であるバイーア(ブラジル)が長崎への完全移籍を発表しました。

Scroll to top