決着は金曜日?カイケがインタビューで近況を語る。

 

ともにFWを探しているボタフォゴフルミネンセが獲得に向けて興味を示しているといわれるカイケが、『globo.com』のインタビューに応じています。

「僕らはマリノスとこれからについて話し合った。ブラジルに留まりたいというのが今の僕の希望だけど、僕1人だけの問題でないのは明らかだ。僕に興味を示しているクラブがあって、近々結果が出ると思う。金曜(12日)には結論が出せるようになっていればと願っているよ」

“ブラジルのトリコロール”がカイケ獲得に向けリストアップ。

 

ボタフォゴ(ブラジル)が獲得を検討しているといわれるカイケですが、さらにもう1つのブラジルクラブが狙っているようです。『Fox Sports』ブラジル版が伝えています。

カイケの獲得を画策しているのはフルミネンセ(ブラジル)。“トリコロール”の愛称で知られる同クラブは、2017シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ(全国選手権)で18ゴールを挙げたFWエンリキ・ドルアードがコリンチャンス(ブラジル)に移籍すると見られ、その代役探しに着手しています。

カイケ、ブラジルでのプレー継続に向け代理人と接触。マリノス側も移籍容認の構え。

 

サントス(ブラジル)へのローン移籍が満了し、引き続きブラジルでのプレーを希望しているカイケですが、マリノス側は彼の希望を容認しているようです。リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)のジャーナリストであるジュアン・アンドラージ(@juan_andrade5)氏がツイートしています。

Scroll to top