マリノスが投資を検討しているブラジルのクラブ、「サントス・アマパエンセ」とは?

セリエD(ブラジル4部)に所属するサントス・アマパエンセに対し、マリノスが100万ブラジルレアル(約3100万円)の投資を行う交渉が進められているようです。5日付の『Globo』をはじめとした複数メディアが伝えています。

Continue reading

ドゥトラ、指導者キャリアの次なるステップへ。古巣のU-20チーム監督に就任。

2017年に指導者としてのキャリアを歩み始めた元マリノスのドゥトラ氏ですが、今度は2011〜2012年に選手として所属したサンタクルス(ブラジル)のU-20チーム監督に就任することが明らかになりました。『Superesportes』が伝えています。

Continue reading

カイケ、バイーアとの契約交渉は最終段階。加入までいよいよ秒読みへ。

複数クラブからの接触が伝えられているカイケについて、やや有利とされていたバイーアがいよいよ契約に向かっており、その契約内容がより具体的に明かされています。『Correio』など複数メディアが伝えています。

Continue reading

カイケ獲得レースに更なる“トリコロール”が参戦。他を抑えて一歩リード、契約間近か。

ボタフォゴフルミネンセが接触しているといわれるカイケですが、ここに来てバイーア(ブラジル)との契約締結が近づいているようです。『Esportes Mais』が伝えています。

Continue reading

決着は金曜日?カイケがインタビューで近況を語る。

ともにFWを探しているボタフォゴフルミネンセが獲得に向けて興味を示しているといわれるカイケが、『globo.com』のインタビューに応じています。

「僕らはマリノスとこれからについて話し合った。ブラジルに留まりたいというのが今の僕の希望だけど、僕1人だけの問題でないのは明らかだ。僕に興味を示しているクラブがあって、近々結果が出ると思う。金曜(12日)には結論が出せるようになっていればと願っているよ」

Continue reading

“ブラジルのトリコロール”がカイケ獲得に向けリストアップ。

ボタフォゴ(ブラジル)が獲得を検討しているといわれるカイケですが、さらにもう1つのブラジルクラブが狙っているようです。『Fox Sports』ブラジル版が伝えています。

カイケの獲得を画策しているのはフルミネンセ(ブラジル)。“トリコロール”の愛称で知られる同クラブは、2017シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ(全国選手権)で18ゴールを挙げたFWエンリキ・ドルアードがコリンチャンス(ブラジル)に移籍すると見られ、その代役探しに着手しています。

Continue reading

カイケ、ブラジルでのプレー継続に向け代理人と接触。マリノス側も移籍容認の構え。

サントス(ブラジル)へのローン移籍が満了し、引き続きブラジルでのプレーを希望しているカイケですが、マリノス側は彼の希望を容認しているようです。リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)のジャーナリストであるジュアン・アンドラージ(@juan_andrade5)氏がツイートしています。

Continue reading

カイケ、引き続きブラジルでのプレーを希望。マリノスとの残り契約年数は…?

マリノスからサントス(ブラジル)へとローン移籍中のカイケですが、彼自身はブラジルでのプレーを続けたい意向を示しています。『Coluna do Flamengo』が伝えています。

Continue reading