“不屈のライオン”、トリコロールへ。カメルーン代表MFオリヴィエ・ブマルとは何者か?

 

4日に日産グローバル本社で行われたアンジェ・ポステコグルー監督と古川宏一郎社長による『横浜沸騰イベント』トークショーの最後に、カメルーン代表招集歴があるMFオリヴィエ・ブマルの移籍加入が電撃発表されました。以下ではブマルについての情報をまとめていきます。

ユ・サンチョルが全南ドラゴンズ監督就任へ。実現すれば5年ぶりのKリーグ復帰に。

 

かつてマリノスに在籍した元韓国代表のユ・サンチョル氏が、Kリーグクラシック(韓国1部)に所属する全南ドラゴンズから監督就任のオファーを受けており、本人もこれを受諾するつもりのようです。『Yonhap News』が伝えています。

マルティノス、日本での現状と移籍の前日譚を語る。

 

今季ここまで5ゴール7アシストを記録(※第31節終了時)しているMFマルティノスが、『Voetbalzone』のロングインタビューに応じています。

インタビューではルーマニア時代やハンガリー時代も含め、彼のキャリア全体について触れられていますが、今回はマリノスに関わる部分などを中心に抜粋してお送りいたします。

母国、探究心、思想…“哲人”バブンスキーのパーソナリティに迫る。

 

富士山登頂を達成したダビド・バブンスキーが、6月に『Goal』のロングインタビューに応じました。元記事が非常に長いので、主にバブンスキーのコメントを抜粋してお送りします。

サッカーの話題はほとんどと言っていいほどありませんが、バブンスキーの知的な一面や彼個人の信条を垣間見ることができます。そうしたポイントに絞って見ていくことにしましょう。

Scroll to top