カイケ、バイーアからの移籍に向け再始動か。リオの2クラブからの関心を明かす。

 

バイーア(ブラジル)にローン移籍中のFWカイケが『Globo』の独占インタビューに応じ、かつて交渉が進んでいたとされるヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)、そしてフルミネンセ(ブラジル)から調査を受けていることを明かしました。

カイケ、無念のメンバー外へ…監督は「すべてはタイミングだ」と長期的措置も示唆。

 

マリノスからローン移籍中のFWカイケについて、現所属先であるバイーア(ブラジル)のグート・フェレイラ監督は現地時間23日に行われるブルーミング戦(コパ・スダメリカーナ1次ラウンド 2ndレグ)ではメンバー外とする意向を示しました。『Correio』が伝えています。

“ブラジルのトリコロール”がカイケ獲得に向けリストアップ。

 

ボタフォゴ(ブラジル)が獲得を検討しているといわれるカイケですが、さらにもう1つのブラジルクラブが狙っているようです。『Fox Sports』ブラジル版が伝えています。

カイケの獲得を画策しているのはフルミネンセ(ブラジル)。“トリコロール”の愛称で知られる同クラブは、2017シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ(全国選手権)で18ゴールを挙げたFWエンリキ・ドルアードがコリンチャンス(ブラジル)に移籍すると見られ、その代役探しに着手しています。

カイケ、ブラジルでのプレー継続に向け代理人と接触。マリノス側も移籍容認の構え。

 

サントス(ブラジル)へのローン移籍が満了し、引き続きブラジルでのプレーを希望しているカイケですが、マリノス側は彼の希望を容認しているようです。リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)のジャーナリストであるジュアン・アンドラージ(@juan_andrade5)氏がツイートしています。

Scroll to top