サントスの選手編成はカイケの去就次第?

サントス(ブラジル)との交渉が取り沙汰されているカイケですが、彼の去就はサントスの選手編成に影響を与える可能性があるようです。『Notícias do Dia』が伝えています。

同メディアによれば、カイケが加入した場合はFWホドリゴを放出する可能性があるとのこと。その理由として、カイケがホドリゴとプレースタイルが似ていることや、FWリカルド・オリヴェイラの代役を務められる見込みがあることを挙げています。

ホドリゴは23歳のブラジル人。186cmの長身ストライカーで、移籍金150万レアル(約5400万円)で昨年6月にサントス入りしました。20試合に出場し、サンパウロとの“クラシコ”でのゴールを含む4得点を記録。

2021年5月までの契約を残しているホドリゴですが、過去にはグレミオ、ヴィトーリア(いずれもブラジル)といったクラブが興味を示していました。一方サントスはそれぞれFWリンコン(グレミオ)、FWマリーニョ(ヴィトーリア)らの獲得を目指しましたがどちらも不成立。そこで、今回カイケを獲得した際には、ホドリゴを切り札として再び交渉を持ちかける可能性が考えられます。

http://ndonline.com.br/florianopolis/esportes/com-kayke-diretoria-do-santos-tenta-convencer-dorival-a-liberar-rodrigao