全てを意味する3語の言葉――アンジェ・ポステコグルー

フットボールが意味するもの

私の父親、ジム・ポステコグルーは私の知る限り最高の男である。彼は自らの家族を地球の反対側へと連れて行き、自らの夢と野心を犠牲にすることで、代わりに家族がそれらを追い求められるようにした。

自由を与えられたからではなく、自らのルーツに堅く守ることのできる自由があったからこそ、彼はオーストラリアと恋に落ちた。彼は言語に、オーストラリアの風習に、そしてミートパイに48年もの間苦しみながらこの地で暮らしてきた。しかし、彼は子供たちが英語とギリシャ語の両方の学校に通えたことを喜び、彼が愛したゲームを自らの息子が情熱を持って追いかけていることに喜んでいた。

彼は頑固で、厳格な男だった。彼はユーモアに溢れ、いつでも一番を目指していた。彼は家族を何よりも大切にし、それでいて誰に対してもオープンな男だった。姉が言うには、彼は彼の世代の典型的なタイプの男で、他にも彼のような人がたくさんいたそうだ。

私は今ここに座りながら、この先の道のりをなんとか理解しようとしている。私の世界の中心には美しい妻と3人の子供がいる。私に良くしてくれる家族と友人たちにはいつか恩返しがしたいと思っている。そして、私に何が得られるのかを見定める気力と野心がある。

しかし、彼はもういない。今日の私のルーツ、礎となった人物はもはやそばにいない。今や、私の目的は何処にあるのだろう?誰を獲得すべきか、何を行うべきかを私に伝える電話が鳴ることはもうない。何かポジティブな彼の言葉を求め、結局は落ち込みながらも巻き返せることを彼に示そうと勇気づけられるような、そんなお喋りをすることもない。このギャップを埋めることができる存在はいないのだ。

Scroll to top