カイケ、来季サントス残留に赤信号点滅か。

マリノスからサントス(ブラジル)へとレンタル移籍中のFWカイケですが、今のところサントスにカイケを買い取る意思はないようです。『Globo Esporte』が伝えています。

同メディアでは、カイケがここまで公式戦32試合に出場して9得点の成績で、1試合で0.28ゴールという決定力不足を指摘しているだけでなく、サントスは500万ブラジルレアル(=約1億7300万円)という金額をカイケのバイアウトに費やすということを現時点では考えていない、と伝えています。

ただし、サントスの主力である元ブラジル代表FWリカルド・オリヴェイラが負傷離脱しているため、次の試合であるブラジレイロン(ブラジル全国選手系)第21節のコリチーバ戦が来季のチーム残留に向けた試金石となるだろう…と伝えていました。

が、試合は0-0で終了。カイケは先発出場を果たしたものの、66分で交代されています。

http://globoesporte.globo.com/sp/santos-e-regiao/futebol/times/santos/noticia/pressionado-kayke-conta-com-retrospecto-em-curitiba-para-agarrar-chance-no-santos.ghtml