カイケ、無念のメンバー外へ…監督は「すべてはタイミングだ」と長期的措置も示唆。

 

マリノスからローン移籍中のFWカイケについて、現所属先であるバイーア(ブラジル)のグート・フェレイラ監督は現地時間23日に行われるブルーミング戦(コパ・スダメリカーナ1次ラウンド 2ndレグ)ではメンバー外とする意向を示しました。『Correio』が伝えています。

ヴィエイラ、ポルトガル代表への想いを語る。「僕のキャリアに必要なのは代表チームに入ること」。

先月18日の浦和レッズ戦に引き続き、31日に行われた清水エスパルス戦でも決勝ゴールを挙げるなど、マリノスのエースストライカーとして地位を確立しつつあるFWウーゴ・ヴィエイラ。『Record』のインタビューに応じ、自身とチームの現状、そしてポルトガル代表への想いを語っています。

“不屈のライオン”、トリコロールへ。カメルーン代表MFオリヴィエ・ブマルとは何者か?

 

4日に日産グローバル本社で行われたアンジェ・ポステコグルー監督と古川宏一郎社長による『横浜沸騰イベント』トークショーの最後に、カメルーン代表招集歴があるMFオリヴィエ・ブマルの移籍加入が電撃発表されました。以下ではブマルについての情報をまとめていきます。

ヴィエイラ、セルビアの“あのクラブ”からオファーを受けていた?

 

2016年末まで所属したレッドスター・ベオグラード(セルビア)のサポーターたちから今なお熱烈なラブコールを受けているウーゴ・ヴィエイラですが、2017年の夏にとあるクラブからオファーを受けていた模様です。『Sportske.net』が伝えています。

決着は金曜日?カイケがインタビューで近況を語る。

 

ともにFWを探しているボタフォゴフルミネンセが獲得に向けて興味を示しているといわれるカイケが、『globo.com』のインタビューに応じています。

「僕らはマリノスとこれからについて話し合った。ブラジルに留まりたいというのが今の僕の希望だけど、僕1人だけの問題でないのは明らかだ。僕に興味を示しているクラブがあって、近々結果が出ると思う。金曜(12日)には結論が出せるようになっていればと願っているよ」

“ブラジルのトリコロール”がカイケ獲得に向けリストアップ。

 

ボタフォゴ(ブラジル)が獲得を検討しているといわれるカイケですが、さらにもう1つのブラジルクラブが狙っているようです。『Fox Sports』ブラジル版が伝えています。

カイケの獲得を画策しているのはフルミネンセ(ブラジル)。“トリコロール”の愛称で知られる同クラブは、2017シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ(全国選手権)で18ゴールを挙げたFWエンリキ・ドルアードがコリンチャンス(ブラジル)に移籍すると見られ、その代役探しに着手しています。

Scroll to top