東欧からFWヴィエイラが加入か。

『Sportske.net』によると、レッドスター・ベオグラード(セルビア)のFWウーゴ・ヴィエイラがマリノスに移籍する可能性が浮上。同クラブのズベズタン・テルジッチGMが記者会見で明かしました。

ヴィエイラは28歳のポルトガル人。『Transfermarkt』によれば主なポジションはCFで、15-16シーズンは35試合20ゴール10アシストと大爆発。今季もここまで16試合8ゴール1アシストという成績を残しています。

なお、昨夏はマルセイユ(フランス)への移籍もまとまりかけていた模様。4年契約で200万ユーロ(≒約2.5億円)と具体的な内容まで決まっていたようですが、CLの予選に挑むにあたってヴィエイラを手放すことをやめ、破談したとのこと。

Novosti Online』によれば、年俸50万ユーロ(約6100万円)、契約金20万ユーロ(約2500万円)を1月と8月の2回払いに分割。ボーナスも付加されており、10ゴールで2万5000ユーロ(約300万円)、もう10ゴールで同額上乗せ。シーズン全試合の75%以上出場でも同じく2万5000ユーロのボーナス。すべて合わせると、満額でおよそ9500万円ということになります。

http://www.sportske.net/vest/domaci-fudbal/gotovo-vieira-ide-u-japan-evo-koliko-ce-zaraditi-zvezda-286523.html