マリノス、マンUも食指の21歳FWに興味?

『A BOLA』によると、スポルティングCP(ポルトガル)のFWジェルソン・マルティンスにマリノスが接触していた(?)模様。

Transfermarkt』によると、ジェルソン・マルティンスは21歳のカーボベルデ人(ポルトガル国籍)。主なポジションは右ウィング。ポルトガルの年代別およびA代表の招集歴があり、15-16シーズンは計42試合7ゴール4アシストを記録しています。

今季はここまで公式戦25試合に出場し、3ゴール9アシストをマーク。リーガ・ノス(国内リーグ)、UEFAチャンピオンズリーグの全試合に先発出場しています。

マルティンスはその他複数クラブからも興味を示されており、同メディアではベンフィカ、コロニア(ともにポルトガル)、エイバル(スペイン)、アルミニア・ビーレフェルト(ドイツ)、ジェノア(イタリア)、そしてマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の名が挙がっています。

http://abola.pt/clubes/ver.aspx?t=4&id=649112