ブラジルの名門サントスの愛称が“ペイシェ(魚)”なのはなぜ?

 

日本時間10日未明、急転直下移籍ドタバタ劇を繰り広げるカイケが魚の絵文字だけをツイートし、多くのマリノスサポーターにまたひとつ疑問を投げかけました。

今となっては容易に察しがつきますが、この“魚”はサントスを表していると考えられます。というのも、サントス(ブラジル)の愛称が“Peixe”(ペイシェ、ポルトガル語で「魚」の意)だからです。

しかし、サントスのエンブレムに魚らしきものは描かれていません。ではなぜ「魚」なのでしょうか?せっかくなので、少しだけ紐解いてみることにしましょう。

カイケがサントスとの契約書にサインか。Twitterに画像を投稿。

 

サントス(ブラジル)加入間近のカイケが、契約書と見られる書類にサインしている様子を自身の公式Twitterアカウントに投稿しました。

「ペイシェ(=魚、サントスの愛称)とのサインを前に満足げな表情」というツイート内容で、画像には「ペイシェの新戦力」というキャプションが入っています。

カイケと交渉開始のサントス、提示内容はグレミオと同様。

 

サントス(ブラジル)の接触が報じられたカイケ。『Futebol Interior』によると交渉は既に始まっており、来週初め(9日〜)の契約締結を目指しているとのこと。既報通り、グレミオ(ブラジル)が提示していた「1年間のレンタル移籍+買い取りオプション」を基本線に交渉している模様です。

Scroll to top