ヴィエイラはムラッ気あり?レッドスターのSDが移籍の経緯に言及。

 

マリノス入りへと向かっているウーゴ・ヴィエイラですが、どうやら当初はマリノスへの移籍を拒んでいた模様。レッドスターでスポーツ・ダイレクター(SD)を務めるブラゾ・ラオサヴィリェヴィッチ氏が『B92』のインタビューで明かしています。

カイケのメディカルチェックは無事終了。SNS騒動についてもコメント。

グレミオによるカイケのメディカルチェックは無事終了し、カイケとマリノスの契約に関する処理を残すのみとなった模様。『ZHESPORT』が報じています。

グレミオとマリノスはすでにクラブ間合意および手続きを済ませており、マリノスとの契約に関する諸事項の処理が完了するのを待っている状況のようです。

カイケ、メディカルチェック終了後に契約へ。

カイケがグレミオのホームタウンであるポルト・アレグレに到着した模様。『Gazeta Esportiva』など複数メディアが報じています。メディカルチェックを受けた後、契約を結ぶ流れになります。

「神の御心ならば、最終的にはグレミオのプレーヤーとして話すことを許されるだろう。1年間のローンになりそうだね」とカイケ。マリノスとの最終調整も進んでいるようです。

メルボルン・シティのファント・シップ監督が退任。後任候補にはあの人物が。

シティ・フットボール・グループ(CFG)傘下のメルボルン・シティ(オーストラリア)で監督を務めていたヨン・ファント・シップ氏が、父親の健康状態悪化を理由に退任を発表。元オーストラリア代表DFで、現在はメルボルン・シティのアシスタントコーチであるマイケル・ヴァルカニス氏が暫定監督として指揮します。

なお後任候補には、かつてマリノスの監督に就任するとも噂されていた、スペイン人のジョゼップ・ゴンバウ氏の名が挙がっています。

Scroll to top