セルヒオ・ラモスについてのコラムにマリノスの名前が載っていた理由を、筆者に聞いてみました。

 

セルヒオ・ラモスについてのコラムにマリノスの名前が載っていた件について、「なんで?」という声が多く寄せられましたので、『Diario de F. Marinos』は筆者のアンデルソン・ケイロス氏にコンタクトを取りました。

そして、先日ケイロス氏からお返事が来ました。

小野裕二がベルギークラブを退団。日本復帰へ。

 

シント=トロイデン(ベルギー)がFW小野裕二と両者合意の契約解除を発表。日本に帰国するとしています。なお、日本のクラブ名については言及がありません。

VOETBAL Belgie』によると、昨夏には既に話が出ていた模様。しかしその際はシント=トロイデンに残留する選択をしました。

超エリートな新フィジカルコーチ・マルレス氏のプロフィールを簡単にご紹介。

 

15日に行われた新体制発表会では、新加入選手およびコーチングスタッフも発表されました。先日発表された篠田フィジカルコーチの退団に伴い、新たに就任したのはアレシャンドレ・マルレス氏。この方について少し見てみたいと思います。

ブラジルの名門サントスの愛称が“ペイシェ(魚)”なのはなぜ?

 

日本時間10日未明、急転直下移籍ドタバタ劇を繰り広げるカイケが魚の絵文字だけをツイートし、多くのマリノスサポーターにまたひとつ疑問を投げかけました。

今となっては容易に察しがつきますが、この“魚”はサントスを表していると考えられます。というのも、サントス(ブラジル)の愛称が“Peixe”(ペイシェ、ポルトガル語で「魚」の意)だからです。

しかし、サントスのエンブレムに魚らしきものは描かれていません。ではなぜ「魚」なのでしょうか?せっかくなので、少しだけ紐解いてみることにしましょう。

Scroll to top