母国、探究心、思想…“哲人”バブンスキーのパーソナリティに迫る。

 

富士山登頂を達成したダビド・バブンスキーが、6月に『Goal』のロングインタビューに応じました。元記事が非常に長いので、主にバブンスキーのコメントを抜粋してお送りします。

サッカーの話題はほとんどと言っていいほどありませんが、バブンスキーの知的な一面や彼個人の信条を垣間見ることができます。そうしたポイントに絞って見ていくことにしましょう。

ヴィエイラ、ベオグラード・ダービーの思い出と事件簿を語る。

 

多数のサポーターが毎年逮捕され、観客のみならず警官隊にも負傷者が出るなど危険が伴うものとして特に知られているのがセルビアのベオグラード・ダービー。長年にわたってレッドスター・ベオグラードとパルチザン・ベオグラードがしのぎを削ってきたダービーマッチです。

ミゲル・エンリケス記者がこの試合を観に行くと決意したと知り、かつてレッドスターでプレーしていたウーゴ・ヴィエイラが当時の様子を語りました。『SAPO24』が伝えています。

カイケ、サントスで初ゴールも…“疑惑の決勝弾”と話題に。

 

マリノスからサントス(ブラジル)に期限付き移籍し、今季の抱負を語っていたカイケ。現地時間12日に行われたカンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)第2節のレッドブル・ブラジル戦で途中出場を果たし、後半ロスタイムに決勝点を挙げました。

しかし、「このゴールはハンドではないか?」と話題になっている様子。

Scroll to top