母国、探究心、思想…“哲人”バブンスキーのパーソナリティに迫る。

 

富士山登頂を達成したダビド・バブンスキーが、6月に『Goal』のロングインタビューに応じました。元記事が非常に長いので、主にバブンスキーのコメントを抜粋してお送りします。

サッカーの話題はほとんどと言っていいほどありませんが、バブンスキーの知的な一面や彼個人の信条を垣間見ることができます。そうしたポイントに絞って見ていくことにしましょう。

ヴィエイラ、ベオグラード・ダービーの思い出と事件簿を語る。

 

多数のサポーターが毎年逮捕され、観客のみならず警官隊にも負傷者が出るなど危険が伴うものとして特に知られているのがセルビアのベオグラード・ダービー。長年にわたってレッドスター・ベオグラードとパルチザン・ベオグラードがしのぎを削ってきたダービーマッチです。

ミゲル・エンリケス記者がこの試合を観に行くと決意したと知り、かつてレッドスターでプレーしていたウーゴ・ヴィエイラが当時の様子を語りました。『SAPO24』が伝えています。

マリノス移籍のヴィエイラ、元チームメイトから“独特な”祝福。

 

マリノスへの加入が内定したウーゴ・ヴィエイラ。彼の移籍はマリノスとレッドスター・ベオグラード(セルビア)の関係を深めるきっかけになりそうだ…といった話題もありますが、元チームメイトからもユニークな祝福の声が寄せられていることについて、『Sportske.net』が報じています。

ヴィエイラはムラッ気あり?レッドスターのSDが移籍の経緯に言及。

 

マリノス入りへと向かっているウーゴ・ヴィエイラですが、どうやら当初はマリノスへの移籍を拒んでいた模様。レッドスターでスポーツ・ダイレクター(SD)を務めるブラゾ・ラオサヴィリェヴィッチ氏が『B92』のインタビューで明かしています。

カイケ、グレミオ入りに向けてメディカルチェックへ。

 

グレミオと契約間近といわれてきたFWカイケ。『GremistZH』によると、現地時間3日にグレミオの本拠地であるポルト・アレグレへと向かい、メディカルチェックを受ける模様です。この情報はクラブ上層部のオドリコ・ローマン氏も認めている情報のようで、これが完了したら1年間のレンタル移籍が発表されることになりそう。

なお今件は『GremistZH』に限らず、『LANCE!』や『Novo』など複数メディアで報じられています。そんな中、『グローボ・エスポルチ』によるインタビューでは日本でのキャリアを振り返っているので、そちらも抜粋してご紹介します。

Scroll to top