「時間を与えるべきだが、問題はファンだ」。オーストラリア人ジャーナリストがマリノスの現状に言及。

 

2018シーズン開幕からリーグ戦3試合を終え、未だ勝利に恵まれないアンジェ・ポステコグルー監督率いるマリノスですが、オーストラリア人ジャーナリストのスコット・マッキンタイア氏はポステコグルー監督に時間を与えるべきだと主張しているようです。『Daily Football Show』が伝えています。

「僕自身このシステムを楽しんでいるよ」。デゲネクがハイラインサッカーとJリーグを語る。

 

アンジェ・ポステコグルー監督率いるオーストラリア代表でプレーしていたこともあって、すっかり現体制のスポークスマンとなっているミロシュ・デゲネク。今回は『FourFourTwo』オーストラリア版によるインタビューに応じ、チームの現況やJリーグの趨勢についても話しています。

ヴィエイラ、セルビアの“あのクラブ”からオファーを受けていた?

 

2016年末まで所属したレッドスター・ベオグラード(セルビア)のサポーターたちから今なお熱烈なラブコールを受けているウーゴ・ヴィエイラですが、2017年の夏にとあるクラブからオファーを受けていた模様です。『Sportske.net』が伝えています。

新生マリノスを取り巻く“変化”の数々。ポステコグルー監督がもたらし、そして得たものとは。

 

25日に行われたJ1リーグ開幕戦を1−1で終えた、アンジェ・ポステコグルー監督率いる新生マリノス。この試合について、『The World Game』はポステコグルー監督が採用したシステムの変化から、彼を取り巻く環境の変化に触れています。

ポステコグルー監督が語る哲学、そして野望。マリノスが進む“未来への航路”のヒントを見る。

 

残り1枠の外国人選手獲得について語ったアンジェ・ポステコグルー監督ですが、同じインタビューで“チーム作りの哲学”についても語っていました。

このインタビューは多くのメディアで取り上げられていますが、今回は『FourFourTwo』オーストラリア版から抜粋してお送りいたします。

幼少時代の夢、経験、愛国心…デゲネクが語る“オーストラリアへの想い”とは。

 

6月にロシアで開催されるワールドカップを控え、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが『The Roar』のインタビューに応じました。デゲネクは幼少時代の夢、サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)として過ごしたワールドカップ予選、そして日本での現状についても語っています。

決着は金曜日?カイケがインタビューで近況を語る。

 

ともにFWを探しているボタフォゴフルミネンセが獲得に向けて興味を示しているといわれるカイケが、『globo.com』のインタビューに応じています。

「僕らはマリノスとこれからについて話し合った。ブラジルに留まりたいというのが今の僕の希望だけど、僕1人だけの問題でないのは明らかだ。僕に興味を示しているクラブがあって、近々結果が出ると思う。金曜(12日)には結論が出せるようになっていればと願っているよ」

徹底した情報収集とPDCAサイクルの遂行。ポステコグルー監督とその“右腕”が展開してきたトレーニングとは。

 

アンジェ・ポステコグルー新監督の右腕として入閣が期待されているピーター・クラモフスキー氏。オーストラリア代表の分析担当を務め、同U-17代表でも監督として手腕を発揮している人物ですが、彼はチームの練習にも関わっていたようです。

今回はクラモフスキー氏が応じた『MyFootball.com.au』のインタビューから、2015年当時のサッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)が採用していたトレーニングメソッド、そしてスカウティングに関する部分を抜粋してお届け。対象が代表チームで、またソースも少々前のものではありますが、興味深い内容ですのでシェアいたします。

Scroll to top