憧れと挫折、そして飛躍へ。アルゼンチンでプロキャリアを歩むマリノス出身FW。

 

Jリーグ発足以降数多くのプロサッカー選手を輩出してきたマリノスの下部組織ですが、中には日本ではなく異国の地でキャリアをスタートさせた選手もいます。遠く離れたアルゼンチンでプロ生活を送る後藤航というプレーヤーについて、『Infobae』がそのサクセスストーリーを紹介しています。

カイケ、バイーアからの移籍に向け再始動か。リオの2クラブからの関心を明かす。

 

バイーア(ブラジル)にローン移籍中のFWカイケが『Globo』の独占インタビューに応じ、かつて交渉が進んでいたとされるヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)、そしてフルミネンセ(ブラジル)から調査を受けていることを明かしました。

全てを意味する3語の言葉――アンジェ・ポステコグルー

 

「カート・イ・バーラ」――砕いて訳せば、“低いボールを出せ”となるだろう。

人々が私の哲学や影響を受けた人物について尋ねてくると、私は「特定の存在はない」と答えるので概して彼らは落ち込んでしまう。バルセロナやリヴァプールではなく、ペップ・グアルディオラやヨハン・クライフでもない。ましてや、私を指導した監督・コーチや共にプレーした選手たちですらない。

答えはあの、たった3語の言葉にまとまっている。父が決まって口にしていた言葉だ。今や彼は亡くなり、私にとっては、これからどのようにしていけばいいのか理解に苦しむ葛藤がある。

ウーゴ・ヴィエイラ、古巣レッドスターが“プランB”として獲得を検討か。

 

APOEL(キプロス)PAOK(ギリシャ)との交渉が報じられていたウーゴ・ヴィエイラですが、古巣レッドスター・ベオグラード(セルビア)が獲得を検討している可能性が浮上した模様。『Спортски Журнал』が伝えています。

Scroll to top