「君のすべてに感謝を」。ヴィエイラ、最愛の人・エディナへのメッセージ。

今冬マリノスに加入したFWウーゴ・ヴィエイラについて、『La Voz de Asturias』がエピソードを紹介。彼が最愛の人に向けたメッセージについてです。

「不思議なものだね。僕らはもう1年半は会っていないのに、僕は毎晩君と一緒にいるような気がするよ」。こう書き出したメッセージは、ヴィエイラ最愛の“妻”・エディナに向けられたもの。彼らが1年半もの長い間会っていないのは、エディナが既にこの世を去っているからです。

MoveNoticias』によれば、エディナは2013年にガンを発症。以来2年間の闘病生活を経て、2015年1月24日に亡くなりました。同26日に行われた葬儀には数多くの人々が訪れ、その中にはヴィエイラが当時所属していたトルペド・モスクワ(ロシア)の同僚たちの姿もあったそう。

ヴィエイラは折に触れて彼女のことを思い、メッセージを投稿しています。以下は昨年1月に投稿されたものから一部抜粋。

「この世で最大の悪である命の盗人が、君が生きた幸せの中ではちっぽけな石ころに過ぎないと信じさせてくれた。闘いはとても辛いものだったけど、君は諦めなかった」

「君が受けるべきものがすべて与えられますように。君が平安の中にいられますように。そして、君が築き上げてきたものや、僕らの世界や君がいる世界に与えた変化から来る幸せの中にいられますように」

「人生で本当に大切なものは何か、そしてそれをどう見極めるかを君は僕に教えてくれた。今も、そしてこれからも君は僕の人生最愛の人だよ。君のすべてに感謝を。君は永遠の存在だ…愛してるよ」

Nova Gente』によると、ヴィエイラはエディナが亡くなる1ヶ月前に彼女と密かに結婚していたそう。ちなみに、ヴィエイラのFacebookページのアイコンとカバーフォトには、2015年8月以来ずっとエディナとの2ショット写真が設定されています。

http://www.lavozdeasturias.es/noticia/sporting1905/2017/01/23/hugo-vieira-fichaje-estrella-japon/00031485172586075744944.htm / La foto principal de www.facebook.com)