セルヒオ・ラモスについてのコラムにマリノスの名前が載っていた理由を、筆者に聞いてみました。

セルヒオ・ラモスについてのコラムにマリノスの名前が載っていた件について、「なんで?」という声が多く寄せられましたので、『Diario de F. Marinos』は筆者のアンデルソン・ケイロス氏にコンタクトを取りました。

そして、先日ケイロス氏からお返事が来ました。

ケイロス氏が言うには、マリノスはブラジルでもよく知られているクラブのひとつであり、日本のクラブは素晴らしいという評価があるそうです。そうした事柄を背景に「どこか日本のクラブに触れておきたい」と思い、その中でマリノスを選んだのだそう。

ということで、少なくとも悪いようには書かれていないみたいです。ただ、あのマドリーと同列に並べられるのはちょっと身に余る感じがしますね…

(La foto principal de espnfc.espn.uol.com.br)